19. RoHS指令、PFOS規制、REACH規則などに対する適合について

【ご注意】

●弊社では、販売する商品に含まれる化学物質について、製造ロットごとの測定または定期的な測定によって、その含有量を把握・管理はしておりません。
●下記で説明する化学物質の含有量に関する内容は、弊社が販売する各商品の開発または設計時に知り得た化学物質の含有量情報に基づいて調査した内容を提示しております。
●また、商品を構成する部材以外の製造過程や流通過程で含有または付着する化学物質については、下記の内容からは除外いたします。
●さらに、商品本体以外の出荷商品に付属されることがある個装資材や梱包資材についても下記の内容から除外となっております(個装資材や梱包資材については含有化学物質の調査を行っておりません)。


RoHS指令 (2011/65/EU : RoHS2)



    RoHS指令(Restriction of the Use of Certain Hazardous Substances in Electrical and Electronic Equipment)とは、
    欧州連合(EU)域内で取り扱う電気電子機器について、製品に含有する10種の物質 - 鉛(Pb)、水銀(Hg)、カドミウム(Cd)、
    六価クロム(Cr+6)、ポリ臭化ビフェニル類(PBBs)、ポリ臭化ジフェニルエーテル類(PBDEs)、フタル酸ジ-2-エチルヘキシル(DEHP)、フタル酸ブチルベンジル(BBP)、フタル酸ジ-n-ブチル(DBP)、フタル酸ジイソブチル(DIBP)の使用を禁止する指令です【改正RoHS指令(2011/65/EU : RoHS2)】。

    当社では独自の適合基準を設けてRoHS指令に対する適合判定を行なっており、適合を確認した商品には当Webサイト内で「RoHS指令適合品」と表記しております。

    当社のRoHS指令に対する適合判定基準は下記の通りです。

    対象物質 適合判定基準
    鉛(Lead:Pb) 1000ppm以下 (注)
    水銀(Mercury:Hg) 1000ppm以下
    カドミウム(Cadmium:Cd) 100ppm以下
    六価クロム(Hexavalent Chromium:Cr6+) 1000ppm以下
    ポリ臭化ビフェニル類(PBBs) 1000ppm以下
    ポリ臭化ジフェニルエーテル類(PBDEs) 1000ppm以下
    フタル酸ジ-2-エチルヘキシル(DEHP) 1000ppm以下
    フタル酸ジ-n-ブチル(DBP) 1000ppm以下
    フタル酸ブチルベンジル(BBP) 1000ppm以下
    フタル酸ジイソブチル(DIBP) 1000ppm以下

    (注)ただし製品を構成する素材のうち、下記は適用除外項目となる(欧州RoHS指令)。
        ●銅合金に含まれる鉛(Pb)の含有量は、40000ppm(または4wt%)以下とする。
        ●鋼に含まれる鉛(Pb)の含有量は、3500ppm(または0.35wt%)以下とする。
        ●アルミニウム合金に含まれる鉛(Pb)の含有量は、4000ppm(または0.4wt%)以下とする。


    現在弊社が販売しているケーブルに使用している電線の絶縁被覆(シース)には、ポリ塩化ビニル(PVC)を主材料として使用しております。
    ポリ塩化ビニルは法規制の対象とはなっていませんが、弊社ではポリ塩化ビニルの全廃を目指して技術的または性能的または経済的に利用可能な代替材料があれば順次切り替えてゆく予定です。


    またRoHS指令に対応していることを示す情報を、お客様の専用フォーマットに記載してご提供することも、ご提供依頼の情報内容によっては対応させていただきます(情報のご提供の可否は、フォーマットの形式や情報の内容により個別に判断させていただきます)。
    ただし、SDSデータおよびMSDSデータやICPデータやchemSHERPAやその他の構成部品別または化学物質別などの詳細な分析データ、およびMSDSplus形式やAIS形式およびJGPSSI形式などでの分析データ、およびRoHS指令の使用禁止物質には該当しない素材や物質に関する情報やデータは、ご提供しておりませんので、予めご了承ください。


    なお、改正RoHS指令(2011/65/EU : RoHS2)で規定されているCEマーキングに関する規定(CEマークの貼り付け、適合宣言書の作成と保管、技術文書の作成と保管)は、弊社および弊社が販売する商品では対応しておりませんので予めご了承ください。

PFOSおよびPFOA規制

    弊社で販売している商品および関連する副資材には、PFOSとその関連物質は2006/122/EC指令で規制する閾値0.05wt%を超えて含有しておりません。また、PFOAとその関連物質は含有しておりません。
  • なお、本件の含有物質に関するSDSデータおよびMSDSデータやICPデータやchemSHERPAやその他の詳細な分析データや、MSDSplus形式やAIS形式およびJGPSSI形式などでの分析データのご提供はしておりませんので、予めご了承ください。

REACH規則におけるSVHC(高懸念物質)

    弊社で販売している商品(成形品)には、REACH規則で規制するSVHC(高懸念物質)は閾値0.1wt%を超えて含有しておりません。なお弊社では2008年10月欧州化学物質庁告示の15物質のみの調査しか行っておりません。以降に追加された物質についての調査は実施の予定はありませんので予めご了承ください。
  • また、本件の含有物質に関するSDSデータおよびMSDSデータやICPデータやchemSHERPAやその他の詳細な分析データや、MSDSplus形式やAIS形式およびJGPSSI形式などでの分析データのご提供はしておりませんので、予めご了承ください。