写真または商品名をクリックして、商品の詳細情報をご覧ください。ご購入の手続きへも進めます。


スナップイン中継ケーブル、HDMI-Aメス-HDMI-Aオス:ストレート方向ケーブル引き出しタイプ 【ケーブル長さ1mと3m】

スナップイン中継ケーブル、HDMI-Aメス-HDMI-Aオス:ストレート方向ケーブル引き出しタイプ 【ケーブル長さ1mと3m】

●スナップイン中継コネクタのHDMIメスコネクタからHDMIオスのをケーブル引き出したスナップイン中継ケーブルです。
●ケーブル長は1mと3mの2種類をご用意しております。
●コンセント取付ガイドチップ(タテ取付用またはヨコ取付用)を用いることにより、パナソニック社などの他社製フェースプレートに取り付けることが可能です。
●スナップイン中継コネクタの反対側はHDMIコネクタのオス端子を持ったケーブルを引き出しており、HDMI機器に直接挿すことができます。
RoHS指令適合品 ⇒⇒適合判定基準はこちら


スナップイン中継ケーブル、USB3.0(Aコネクタ)メス-USB3.0(Aコネクタ)オス:ストレート方向ケーブル引き出しタイプ 【ケーブル長さ1mと2m】   【USB3.0対応、ストレート結線】

スナップイン中継ケーブル、USB3.0(Aコネクタ)メス-USB3.0(Aコネクタ)オス:ストレート方向ケーブル引き出しタイプ 【ケーブル長さ1mと2m】   【USB3.0対応、ストレート結線】

●パソコンの周辺機器接続等に使われる、AタイプのUSBコネクタ(メス)よりUSBコネクタ(オス)のケーブルを引き出したスナップイン中継ケーブルです。
●USB3.0に対応しています。
本製品の内部結線は同一ピンどうしの全線ストレート結線です。
●ケーブル長は1m、3mの2種類をご用意しております。
●スナップイン中継コネクタの反対側はUSBコネクタAのオス端子を持ったケーブルを引き出しており、機器に直接挿すことができます。
RoHS指令適合品 ⇒⇒適合判定基準はこちら


スナップイン中継ケーブル、USB2.0(Aコネクタ)メス-USB2.0(Aコネクタ)メス:アングル方向ケーブル引き出しタイプ 【在庫限り販売中止】

スナップイン中継ケーブル、USB2.0(Aコネクタ)メス-USB2.0(Aコネクタ)メス:アングル方向ケーブル引き出しタイプ 【在庫限り販売中止】

●パソコンの周辺機器接続等に使われる、AタイプのUSBコネクタ(メス)よりUSBコネクタ(メス)のケーブルを引き出したスナップイン中継ケーブルです。
●USB2.0に対応しています。
●AVコンセント(ブランク型)に直接取り付けて、自由な入出力ポート配置のAVコンセントを設計することができます。
●コンセント取付ガイドチップ(タテ取付用またはヨコ取付用)を用いることにより、パナソニック電工社などの他社製フェースプレートに取り付けることが可能です。
●壁内配線には、Aコネクタ オスのUSBケーブルが接続できます。
RoHS指令適合品 ⇒⇒適合判定基準はこちら


スナップイン中継ケーブル、USB2.0(Aコネクタ)メス-USB2.0(Aコネクタ)オス:ストレート方向ケーブル引き出しタイプ 【ケーブル長さ1mと3m】

スナップイン中継ケーブル、USB2.0(Aコネクタ)メス-USB2.0(Aコネクタ)オス:ストレート方向ケーブル引き出しタイプ 【ケーブル長さ1mと3m】

●パソコンの周辺機器接続等に使われる、AタイプのUSBコネクタ(メス)よりUSBコネクタ(オス)のケーブルを引き出したスナップイン中継ケーブルです。
●USB2.0に対応しています。
●ケーブル長は1m、3mの2種類をご用意しております。
●スナップイン中継コネクタの反対側はUSBコネクタAのオス端子を持ったケーブルを引き出しており、USB機器に直接挿すことができます。
RoHS指令適合品 ⇒⇒適合判定基準はこちら


スナップイン中継ケーブル、RCAメス-RCAメス:アングル方向ケーブル引き出し 【在庫限り販売中止】

スナップイン中継ケーブル、RCAメス-RCAメス:アングル方向ケーブル引き出し 【在庫限り販売中止】

●ビデオ映像/音声用のRCAメスコネクタからビデオ映像/音声用のRCAメスコネクタを引き出したスナップイン中継ケーブルです。
●こちらのスナップイン中継ケーブルには別途スナップインモジュールSIM-CHD-5C(赤・白・青・黄・緑セット)が必要です。
●コンセント取付ガイドチップ(タテ取付用またはヨコ取付用)を用いることにより、パナソニック社などの他社製フェースプレートに取り付けることが可能です。
●コンポーネント映像信号やコンポジット映像信号やアナログのステレオ音声信号にお使いいただけます。
●壁内の配線は、一般的なコンポーネントケーブルやコンポジットケーブル、ステレオ音声ケーブルを使って配線します。
RoHS指令適合品  ⇒⇒適合判定基準は、こちらをご覧ください。

ホームワイヤリング HOMEページに戻る